Pocket

こんにちは星雅です。

しばらく放置気味でしたがやはり現代においてブログが必須なので
またぼちぼち再開して参ります。

しばらくぶりのテーマはこちら

絵描きは筋トレした方がいい理由

見出しなんかつけてしまって大げさですが、このテーマでいきます。

週6筋トレ生活

まずどうして絵描きの僕が筋トレを推奨しているかという説明の前に
今の僕のライフスタイルをお話しします。

今現在の僕は朝6時には起きて軽く朝食を取ってから少しばかり
その日の作業を進め、9時か10時前後には近所のジムに行って
筋トレするという生活をしています。

基本ほぼ毎日そうで、まあ休息も大事なので1日オフの日もあるので
だいたい週6ジム生活です。

そんな生活のおかげか体調はすこぶる良くてそのあとの仕事も
そこそこ捗ったりするんです。

きっかけはうつ病からの脱出

ほかの記事でも書いていますが、僕は2015年の終わり頃にうつ病になり
今この記事を書いているときでおよそ3年になろうしています。

筋トレを始めたのはちょうど一年ほど前で、その時の僕はぶくぶくに太って
いて体重がちょっと笑えないレベルになっていたのです。

運動不足で筋肉も体力も落ちて、毎日大したこともしていないのにいつも
疲れ切っていました。

その頃から絵は描いていましたが、うつの症状もなかなか改善せず、好き
なはずの絵を描くのも思ったように進まないことがあったのです。

なんとかしなくちゃ、このまま人生が終わってしまう・・・

そう感じた僕はネットでうつからの脱出方法を調べていきました。

そこで見つけたのが、これです

“筋トレすれば人生の9割の問題は解決する”

というものすごくシンプルなものでした。

ほんとかいって一瞬思いましたが、当時の僕にはなんだってこのロクでもない
状況から抜け出せるのならやろうという意思もあったので、後日早速近所の
スポーツジムに入会したのです。

筋トレの絵への影響

筋肉を意識する

そんなこんなで僕の筋トレ生活が始まったわけです。

入会してから今のようにきちんと効果的なトレーニングをして週に6日とか
当たり前のように通えるようになるまでそれはもう苦労も努力もしましたが
その辺の話は別の記事にして、本題の絵描きがなんで筋トレなのって話ですね

まず本気できちんと筋肉をつけていくためにはトレーニングのときの姿勢や
フォームがものすごく重要です。

ただ重いものを扱えばいいってほど筋トレは単純な話ではなく、フォームを
間違えて変なところに力が入ってしまうと、ただ辛いだけで筋肉がつかないんです

つかないだけならまだいいほうで、下手すると怪我の元になります。

そしてフォームと同じように鍛える部位、その筋肉を明確に意識するのはかなり
重要です。

鍛えている筋肉を意識するには、その筋肉がどこにどのように付いているのか、
どういう動きをするのかをはっきりとわかっていないといけないんです。

筋肉の場所と形と動きを理解するって、まんま解剖学ですよね?

僕もそうですが人物画を描く人はみな美術解剖学とかで人間の骨格とか筋肉の
勉強はすると思います。

参考書の絵や画像を見てスケッチすると思いますが、それはそれでいいのですが一番解剖学の理解が進むのは実際にその部位を見て動かして観察することです。

筋トレはその全てがあるんですね。

鍛えたい部位をしっかり見て、意識して、そこに力を載せていて動かしていく。

文字通り体の構造と動きを体で感じて理解できるんです。

筋トレに解剖学の理解に最適

長々と書きましたが結局ですね、人体を学ぶには実際に動いて実感することのできる筋トレが一番だって話なんですよね。

もちろん筋トレだけじゃなく従来通りの美術解剖学なんかの本を読んで模写したりっていう練習もするべきなのは言うまでもありません。

本で学んで知識として形を理解した筋肉をその後の筋トレで動かしてみる。

これで人体のことをかなり深く理解できます。

ぜひやってみて。

ブログ用URLテンプレ

星雅への連絡は下記のSNSまたはメールアドレスまでお願いいたします。

お仕事、展示会へのお誘い等歓迎いたします!

Instagram

Twitter

abiding1988@gmail.com

下記サイトなどにて創作活動の支援も募っています。

VALU

仮想通貨で支援するには下記のアイコンを押してください。

継続的な支援は下記で募っております。

Pixiv ファンボックス

Kindleで自作品をまとめた作品集も出しています!

Pale オリジナルイラスト作品集