Pocket

自己紹介などなど

ここは当ブログのコンセプトや作者の自己紹介や知っておいて欲しいことなどをお話しするページです。

読んでおくとほかの記事を読んだ時にちょっとだけ面白くなると思うのでぜひご一読ください。

まず僕は現在星雅というペンネームで主にイラスト中心に活動している者です。

絵だけでなくサイトのバナーデザインやライティング、広告デザインなんかもやったりしているので、最近本が出て話題のマルチポテンシャライトと呼べるかもしれません。

マルチポテンシャライトって?って方はこの本を読んでみて。

今ではお絵描きしたりいろいろしていますが、そうなるまでにはそこそこ紆余曲折がありました。

迷走と挫折の過去

19歳の時、当時いた大学を一年ほど休学して陸上自衛隊に入隊しました。

あの頃の僕はそういう世界に憧れていて、当時出来たばかりの陸上自衛隊の特殊作戦群に入りたいという目標を持って思い切って飛び込んだのです。

ですが一年も経たないうちに怪我をして長期間入院し、訓練の出来ない時期に心が折れて除隊。

ここが人生の挫折と迷走の始まりです。

翌年に復学してからもさまざまなアルバイトを転々としつつ、軍事の世界を捨てきれずに民間の警備会社の主催する要人警護の訓練を3週間受けて、認定資格を取りました。

訓練は過酷でしたが、国際レベルのセキュリティーやボディーガードの訓練、それに普通では会えないような多種多様な人種との関わりは刺激的で楽しいものでした。

その後大学を卒業しましたが、警備の仕事だけでは食っていけないので、とりあえずの腰掛けとして比較的お金も良くて時間も取れる塾講師の仕事をしました。

これが結構面白くて、なんだかんだと3年ほど勤めました。

その間に僕は徐々にセキュリティー関係に仕事に入ることをやめていったのです。

なんだかコレジャナイ感というものでしょうか。

そういう違和感を感じ始めたのです。

その辺は別記事でも書きますのでここでは端折ります。

塾の先生というそれなりに楽しい仕事であり、いい経験もでき、結構向いていた仕事でしたが、収入の関係で辞めて、IT系のエンジニアになりました。

未経験でもきっちり研修があってそこそこいい待遇の会社に入って悪くない生活でしたが、現場に入ってから忙しくなり状況が変わりました。

社交不安障害の発覚

未経験職種ですから、当然日々わからないことだらけで、それは先輩社員や上司に聞いていかないといけないのですが、その時に僕は異常な緊張を感じ、発汗や赤面、息苦しさや動悸の症状が出ることに気がついたんです。

元々人見知りだとは思っていたし、こういう場面では誰もが緊張するものでしょうが、あまりにも仕事にも差し支えが出てきたので、心療内科を受診しました。

その結果下されたのが、『社交不安障害』という病名でした。

これは簡単に言うと対人恐怖症的なものです。

思えば僕は学校でもそれ以外のところでも極力人前で話すなどの社会的な場面を避けてきたし、人の目を見て話すことさえろくにしない人間でした。

仕事もなんだかんだ単独でもこなせるようなものをこなしたり、緊張するところからうまいこと逃げてきたんです。

自衛隊の時はモチベーションの高さがうまくこれをカバーしていたようですが、人との関わりには常に苦手意識はありました。

僕はその時から緊張を和らげる薬を飲みながらしばらく会社に通い続けたのです。

限界を迎えうつ病へ

しばらくは薬でごまかしてなんとかやっていましたが、ある日限界が来ました。

家での食事中に涙が止まらなくなり、そのまま会社を休職したんです。

医者に行った結果、うつ病の診断を受けました。

社交不安障害によるストレスによりうつ病を併発したという感じですね。

それからはしばらく薬漬けの日々で、数えきれないほどの自傷と幾度かの自殺未遂をしてきました。

でもなんとか生き延びて、それなりに体調もいい日が出てきた時、大きな転換期を迎えました。

絵を描き始める

ある日少しばかり体調がよかったので部屋を片付けてみました。

すると随分前に買ってあまり使っていなかったスケッチブックが出てきました。

僕は特にすることもないし、そのスケッチブックを開いて携帯かなんかに保存してあった画像か何かを模写してみたんです。

するとうつになって以来一年近くどんなことにもろくに集中できなかった僕が、驚くほどその作業に集中できたんです。

それ以来今日にいたるまで1日も欠かさずに絵を描き続けてきました。

そして絵を描き始めて一年半足らずで、原宿のギャラリーにてほかのイラストレーターさんや
画家さんなどと合同展覧会を開催するようなことまで達成できたんです。

美大や専門学校などには通わず、すべて独学で絵の練習をして今に至っています。

主に人物画を中心に描いて、グリザイユ画法という手法によりリアル寄りの女性キャラを
得意としています。

絵を中心にデザインや色彩、ファッションなんかにも興味が派生していってそういった分野の勉強もしたり、お仕事もしてみたり色々しています。

よければ下記のSNSをチェック、フォローしていただけると幸いです。

Instagram

Twitter

VALU

お願いとご連絡

絵に限らずこうしたアートやクリエイティブな創作活動をする上で必ずネックになるのが“お金”の問題です。

商業の仕事で食べていける人はごく一握りで、しかもぼくのように商業イラストレーター
ではなく比較的アート方面に寄りつつあるタイプはさらにお金面で苦労がつきません。

なのでブログやSNSで作品を見てもらいいいな!ぜひ今後も創作を続けて欲しい!と
思っていただけならぜひとも支援をお願いできればと思います。

星雅への連絡は下記のSNSまたはメールアドレスまでお願いいたします。

お仕事、展示会へのお誘い等歓迎いたします!

Instagram

Twitter

abiding1988@gmail.com

下記サイトなどにて創作活動の支援も募っています。

VALU

仮想通貨で支援するには下記のアイコンを押してください。

継続的な支援は下記で募っております。

Pixiv ファンボックス

Kindleで自作品をまとめた作品集も出しています!

Pale オリジナルイラスト作品集